[戻る]
過去ログ [ 0012 ]
過去ログ:     ワード検索: 条件: 表示:

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
『2018 嘉義市国際管楽節』
1125
: 18/12/22-15:33
神野 真理
https://blog.goo.ne.jp/view_japan/e/33fd073f163ce5933d09f3bc219a5315
きょうの投稿は、毎年、台湾・嘉義市で行われている音楽祭・『2018 嘉義市国際管楽節(今年:12月15日〜 )』の YouTube映像から。。日本からは『箕面自由学園・吹奏楽部』、『八王子学園・吹奏楽部(東京)』が出ていました。日本の学校は横に置いて、私の好きな『台北第一女子高級中学(高校)開校:1904年』のマーチングに『五木の子守歌』を演じていました。。改めてメロディの美しさを感じることが出来ました(昔の悲しい出来事の曲ですが)
▲pagetop
タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re: 『竹田の子守唄』
1126
: 18/12/24-00:40
神野 真理
https://blog.goo.ne.jp/view_japan/e/33fd073f163ce5933d09f3bc219a5315
Wikipedia に寄ると、『竹田の子守唄』は、中華圏では、世界の平和を願う内容の歌詞がつけられ「祈祷」というタイトルで歌われている。「ジュディ・オング」が父親による中国語詞で歌いはじめたのが最初で、のちに王傑[要曖昧さ回避]ら台湾人歌手によってカバーされ広く普及した <台湾で歌われる様に成った経緯から、京都の歌の様です!
▲pagetop

- WebForum -