演奏会ありがとうございました


3月26日、27日に開催した
第27回定期演奏会が終了しました。
3回公演のどれもが満席で、4100人ものご来場をいただきました。



この演奏会を通じて、生徒たちもとても成長させていただきました。
また、演奏会終了後に行った卒部式でも、
卒部する生徒たちの一言一言が、心にしみこみ、
3年間の成長を感じると同時に、
3年間の達成感で自信あふれ輝いていました。


ご来場いただいた方はもとより、
関係いただきましたすべての方に感謝申しあげます。
ありがとうございました。



なお、卒部生代表がステージで行った最後の挨拶は次のとおりです。
どうぞお読みいただき、3年間の思いを汲んでいただければ幸いです。

『この演奏会を持ちまして私達吹奏楽部29期生は卒部となります。
私達29期は主体となった当初は、部活を引っ張る力が弱
く各々の技術力も低く良くない状況でのスタートでした。
そんな私達に西尾先生は技術力が低くてもチーム力・気持ちが強ければ
きっといい代になれるよっと言ってくださりました。
その言葉と仲間を信じてこれまで頑張ってきました。
たくさん怒られ、たくさん喧嘩し、たくさん涙し、うまくいかないことも多かったですが
結果として技術力だけではなく29期の絆で
3年ぶりのコンクール、マーチング共に関西大会へ出場することができました。

29期のみんな、こんな私を部長として支えてくれてありがとう。
このメンバーだったからこそ私は今日までこうして頑張ってこれました。
頑張り屋で負けず嫌いでアホばっかりな
こんな29期が大好きです。本当にありがとう。

そして後輩のみんな、頼れる先輩達じゃなくてごめんね。
グングン成長して頑張るみんなの姿はとっても嬉しく
卒部後も安心できるなと思いました。
これからもすばる吹奏楽部をさらにいい部活にしてください。

家族のみんな、いつも困らせたり心配かけさせてばかりでごめんね。
どんなに辛い時でも家に帰ったら暖かく迎え入れてくれる家族に
何度も励まされました。ありがとう。これからもよろしくお願いします。

西尾先生、3年間ありがとうございました。西尾先生は、厳しい先生でした。
私達の部活や音楽に対する意識が甘いとき数えきれないほど怒られてきました。
そして西尾先生は優しい先生でした。
私達が悩んだとき、辛いとき、悔しくて涙を流したとき話を聞いて、助けてくださりました。
そんな西尾先生の厳しさや優しさがあったから、
私達はぶつかりながらも成長することができました。
このすばるで過ごした3年間は私達の一生の財産です。
本当にありがとうございました。

最後になりましたが、私達を指導して下さったたくさんの先生方、OBOGの先輩方、
地域の方々、そして本日私達の演奏会にお越し下さった全ての皆さま、
このようなたくさんの方々の支えがあって
私達は今まで頑張ってくることができました。ありがとうございます。

それでは最後にアンコールとしてアメージンググレイスを演奏します。
本日は本当にありがとうございました。
29期 部長 小谷紗弥』










2016329日 17:55 | TOPICS | |